広告は、一貫性が大事!

マーケティングは、とにかく25回以上、自社の広告をお客さんに見せればよい。

 

そうシンプルに考えることにします。

 

となると、やってはいけないのは、途中で広告を変えることですね。

 

伝えたい内容があれば、それを根気強く25回以上見せないとお客さんはそれを認知しないし好感も持たない。

 

そういうことなら、広告をコロコロ変えていたら、認知されるまでにまた別の広告に変わっています。

 

広告のイメージやセールスレターは、とにかく一貫性のあるように作らないと、せっかく認知されかかっていたのに、マーケティングを振り出しに戻すことになります。

 

そしてまた、従業員にも自社のイメージや、お客さんに向けて発信しているメッセージを理解させ、徹底させることが必要になるわけです。

 


従業員は、飽きて当たり前!

マーケティングとは、25回以上、お客さんに自社の広告やメッセージなどを見せること。

 

だから広告やメッセージが認知されるまで、根気よくマーケティングに取り組まないといけないわけです。

 

ところがすぐに結果が出ないと、変えたくなってしまうんですね。

 

広告も変えたくなるし、メッセージも変えたくなる。

 

しかしここで変えると、そこまでの投資はムダになります。

 

ここをグッとこらえて続行しないと、せっかく認知されかかっていたとしても、振り出しに戻してしまうことになります。

 

しかしやっぱり効果がすぐでないと、変えたくなる。

 

そうなる理由は簡単で、経営者も従業員も自社の広告に「飽きる」んですね。

 

自社の広告は、毎日見ているモノだから、一ヶ月もすれば飽きてしまう。

 

飽きてしまうと、新しいモノが欲しくなるので、一年間継続して、ずっと続けることができないわけです。

 

だけどお客さんの側は、そうでもないんですね。

 

なぜかというと、そんなに接触回数がないから。

 

たとえ一週間に一回、広告を目にするとしても、飽きるまでには、従業員の7倍以上かかります。

 

興味がなければ広告は目に入りませんから、実は飽きられたりはしないってことですね。

 

「商い」は「飽きない」ことだと言われるのに通じますね。

 

NEXT:マーケティング・10の秘密

広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン


このエントリーをはてなブックマークに追加