小企業の予算制約とは

小企業の予算制約とは

小さなお店や小さな企業には、大企業のようなマーケティングは無理!だったらどうする?ゲリラマーケティングで行こう!

小さなお店や小企業は、経営資源がない!

小さなお店や小企業のためのマーケティング、それが「ゲリラマーケティング」です。

 

ゲリラマーケティングというのは、大企業のようにマーケティングに大きな資金を投入出来ない、そういう状況でのマーケティングです。

 

大企業では「馬鹿らしい」「スマートでない」、言ってみれば、かなり泥臭い手法のマーケティングになります。

 

別の言い方をすると、「かなりセコい手法」ってことです。

 

経営資源、つまり人や金がたくさん使える大企業では、そんな非効率な方法など、笑い飛ばされるようなことも、小さなお店や小企業では、大事なマーケティング手段です。

 

もちろん、大企業でも小企業でも使える手法というのはあります。

 

それももちろん利用すべきですが、同じコトをやった場合、大企業の資金力に負けてしまうと言うことも起こります。

 

それなら別の方法を採用すべきであるという判断も、大事な判断や選択になるってコトです。

 

なぜかというと、小企業の経営者は、「最終利益にシビアでないと、やっていけないから」です。

 

スポンサードリンク

大企業と小企業のマーケティングの違いとは?

小さなお店や小企業というのは、余裕がありません。

 

一年どころか、半年や三ヶ月でも、資金ショートが起こる可能性があるわけです。

 

なので大企業と同じマーケティング手法が使えたとしても、大企業の何分の一、何十分の一しか経営資源が使えず、また必ず成功しないといけないわけです。

 

大企業では、いろんな挑戦をして、その内のいくつかが当たればいいわけですが小企業の場合は、資金が尽きるまでに当てないといけない。

 

そしてその担当者も、マーケティング部門や販促部門があるわけではなく、経営者が直接担当したり、一人か二人でやることになる。

 

出せるコマーシャルも、テレビCMではなく、別のお金のかからない方法でないと出せない。

 

もちろん、大企業と小企業では、達成すべきゴールも異なるから、マーケティングの方法や規模も違って良いわけです。

 

大企業は、大きな図体を維持するために、全国的な大きなシェアを確保するコトが目的になりますが、小企業は、地域的な、小さなシェアだけ確保すればよいだけです。

 

このゴールの違いこそが、ゲリラマーケティングでもやっていける根拠でになります。

 

また大企業では、採用出来ないようなマーケティング手法が使えるという根拠になるわけですね。

 

NEXT:小企業ならではの強みとは

スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加