ラジオCMこそ、口コミフレーズが必要

ラジオCMこそ、口コミフレーズが必要

ラジオCMは、定期的に流す。

小さなお店や企業がラジオCMを出稿する際にはとにかく反応があるようなCMを流さないといけない。

 

ラジオ局や広告代理店任せにしていると、ほぼ確実にピンボケ広告を流される羽目になる

 

特にラジオ局のアナウンサーやスタッフは、アナタのお店や会社のことなど知らない。

 

そんな人に広告原稿だけ渡して、読んでもらえば集客できると思ったら、まず無理だろう。

 

そのためには、広告を流す時間帯や番組を選び、CM広告もキチンとしたスタジオでプロを使って収録する必要がある。

 

高いお金を払って広告を出すのであるから、中途半端に丸投げをせずに、集客しなければいけない。

 

そのためには、ラジオCMは定期的に決まった時間に流し、たとえ数週間でも繰り返すようにする必要がある。

 

マーケティングの基本は、自分のお店や企業の商品名を、25回以上、見込み客の目や耳に触れさせることであるから、とにかく決まった時間に同じメッセージがリスナーに届くようにしないといけない。

 

可能であれば番組の一つのコーナーを提供することも考えたい。

 

コーナーを提供すると、コーナークレジットと言って、自分の企業の名前と商品を確実にラジオ・パーソナリティに読んでもらえるから。

 

曜日を決めて、毎週月曜日だけコーナー提供をすれば、たとえ数週間程度でも、それなりに印象に残るはずだ。

 


スポンサードリンク

ラジオCMにこそ、口コミフレーズを入れろ

ラジオCMによるマーケティングは、とにかく印象に残るメッセージをリスナーの記憶に残るようにしないといけない

 

印象に残るメッセージであると、それを聞いたリスナーも、他人にそれを話しやすくなるので、とにかく工夫が必要だ。

 

これはいわゆるバイラルマーケティング、「口コミで集客する」ための工夫でもあるが、耳から聞いた情報というのは、口から出しやすい。

 

たとえばテレビ朝日の深夜に「雑学王」という人気クイズ番組があって、毎週、色んな企業のマーケティングの工夫などがクイズ形式で紹介されているが、この番組など典型的だろう。

 

というのもこの番組では、番組出演者の芸人さんたちがよく、以前、番組で紹介したネタを物知り顔で披露してしまって「それ、この前この番組で紹介したネタじゃん」…とつっこまれたりしているからだ。

 

つまり、耳から入ってきた情報や知識というのは、最初から言葉になっているから、口に出しやすいわけである

 

なので聞いたらすぐに口から出てくるようなフレーズを頭を振り絞って考えて、ラジオCMに乗せれば、それを聞いた人が何かの機会に口に出してくれる可能性が高い。

 

ラジオCMというのは耳から入れるCMだから、それを上手に利用することが重要だろう。

 

NEXT:ラジオCMは最初の3秒が勝負


スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加