新聞広告は必ず効果測定をして選べ

新聞広告は必ず効果測定をして選べ

集客の仕方がわからない、お店にお客が来ない、そう言うときはゲリラマーケティングで行こう!

広告を出す新聞を選ぶ

飲食店,販売店,エステ,整体,マッサージ,教室,塾,集客法,ゲリラ,マーケティング

新聞広告を出すに当たって、まず考えるべき事は、広告を出稿する新聞を選ぶことである。

 

一口に新聞といっても、様々な種類がある。

 

たとえば一般紙としては全国紙と地方新聞。

 

特定の読者が読む大学新聞や小学生新聞、英字新聞など外国人向けの新聞、趣味の新聞などその他にも地域の案内広告新聞やミニコミ誌、日刊紙以外にも、週刊誌・月刊誌といったものもある。

 

経済紙では、日本経済新聞が有名だが、日経にも週に数回発行される、日経産業新聞だとか日経流通新聞(MJ)・日経ヴェリタス(金融新聞)日刊工業新聞・中部経済新聞なんて言うモノもある。

 

その他には、スポーツ紙や、競馬新聞、日本証券新聞・株式新聞。

 

業界新聞である農業新聞・水産新聞電波新聞・繊維新聞・日刊自動車新聞などなど。

 

今までにない新しい販路を開拓するには、こういった新聞を利用するのが、効果的かもしれない。

 


スポンサードリンク

一般紙で効果測定をする

飲食店,販売店,エステ,整体,マッサージ,教室,塾,集客法,ゲリラ,マーケティング

一般紙に広告を出す場合は、広告の効果を測定するために、出稿先別に、別々の広告を出した方がよい。

 

同じ文面の広告を出すとしても、割引クーポンなどをつけて、切り抜きを持ってきてもらえば、どの新聞が効果的であったか、測定できる。

 

テストすることによって、全国紙のローカル面がいいのか、それとも地方新聞が良いのか、判断できるので、年に何度かは、同時に多くの新聞に出稿してみるといい。

 

新聞広告で気を付けないといけないのは、効果のない新聞広告を出稿しないようにすることだ。

 

広告料が安いから、広告代理店のセールスマンが勧めてくれるから、知り合いの会社が広告を出しているから…という理由で、広告を出稿する新聞を決めてはいけない。

 

広告を出す基準は、出した広告料以上のリターンがあるかどうか。

 

これに尽きるし、これ以上の判断基準はない。

 

集客のために広告を出すわけであるから、リターンが望めない広告は出血しているのと同じである。

 

新聞広告もチラシと同じで、他の広告との兼ね合いで効果は変わってくるので、とにかく常に効果測定をして、効果が落ちたら別の新聞を試すと言うことが必要である。

 

NEXT:新聞広告掲載料って、いくらくらい?


スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加