何をしてもらうか必ず書く

何をしてもらうか必ず書く

小さなお店や小さな企業には、大企業のようなマーケティングは無理!だったらどうする?それならゲリラマーケティングで行こう!ゲリラマーケティングを考えるサイトです!

お客さんに何をして欲しいかハッキリ書く

マーケティング活動のプランを立てる。

 

のつづき。

 

ここまでは、★マーケティングプランは、3文にまとめる(マーケティングの目的、方法、体裁)★顧客の便益を明らかにする(これを購入するとどうなるか)(これを購入すると、何が得か)ということだった。

 

次は、顧客の目を引くようなキャッチコピーと、そのあとに何をしてもらいたいかについてだ。

 

キャッチコピーを作るには、かなり難しい話だからおいておくが、顧客に何をしてもらいたいかは、広告にハッキリ書く必要がある。

 

電話してもらいたいのか、FAXやEメールして欲しいのか、それとも来店して欲しいのか。

 

どうすればその商品やサービスが手に入れられるのか、ハッキリさせないといけない。

 

でなければせっかく関心を持ってもらったとしても購買行動に移ってもらえない。

 

またメッセージが、正確に伝わっているか、これも確認する必要がある。

 

スポンサードリンク

お客さんの3つのNOTとは

お客さんに何をしてもらいたいか、これをハッキリ書くというのは非常に大事なことだという。

 

商品やサービスに興味を持ったとしても、すぐに行動に移すお客さんは少ない。

 

そして行動に移そうと思っても、何をすればいいのか分からないと、そこであきらめてしまうのが通常だ。

 

よく言われることだが、お客さんは広告など見ない。

 

広告や説明を聞いても、信じない。

 

そして良いものだと思っても、実際に行動に移す人は少ない。

 

これをマーケティングでは、3つのNOTなどと呼ぶ。

 

  • Not listen 広告を見ない・聞かない
  • Not believes 広告を信じない
  • Not action 行動しない
というやつだ。

 

この三つをクリアして初めて、見込み客が自社に連絡をくれることになるのだ。

 

だからマーケティングで狙うのは、狙っている属性の顧客に正確なメッセージを伝え、行動を起こしてもらうということである。

 

そのためには、見込み客の心を捉え、どういう便益があるかを正確に伝え、そして行動を起こしてもらう必要があるのだ。

 

そのための障害となるモノは、可能な限り取り除く必要があるNEXT:マスコミに取り上げてもらう

スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加