雑誌広告の優位性とは

雑誌広告の優位性とは

販促グッズをくれる出版社もある

雑誌広告を出すメリットは、一流雑誌に広告が掲載されたと言うことを、新規顧客宛の販促ツールとして使えると言うことである。

 

雑誌によっては「●●誌に掲載されました」という宣伝用の画像をくれるところもあるとテキストにはある。

 

アメリカの雑誌って言うのは、そう言うところにも気を配っているんだね。

 

雑誌の出版者側として考えてみれば、広告出向主というのは貴重なお客さんであるし、広告収入は雑誌販売収入と並ぶ大きな収入だ。

 

そして自社の雑誌の表紙が、お店の一番良いところに張出されれば、お店の宣伝になるだけでなく、逆に雑誌の宣伝にもなるわけだから、ただで宣伝してもらっていると考えているのかも知れない。

 

となると出版者側としても、販促グッズを提供するのは妥当な選択だろう。

 

最近たくさんあるフリーペーパー(無料の薄っぺらい雑誌)だって、広告収入だけで雑誌を作っているわけだから、読者より広告主が大事だと思っている出版社だってあるんだろう。

 


スポンサードリンク

雑誌広告出稿の利点はターゲットを絞れること

雑誌広告を出すメリットは、もちろん雑誌に掲載されたことを販促に生かせるだけではない。

 

雑誌というのは読者層がある程度決まっているので、狙っている市場向けに広告を出せると言うことだ。

 

一般の新聞なら、色んな人が読むわけだから、いわば色んな魚が泳いでいる群れに、手当たり次第に撒き餌をまくようなものだ。

 

それに対して雑誌というのは、それを購入する層が決まっていて、しかもリピーターがたくさんいる。

 

若者向けのファッション雑誌なら、若いファッションに興味のある人が読むわけだから、ファッションにプラスするとよいアイテムや、若い人が悩んでいることを解決する商品の広告なら、ドンピシャだ。

 

一方、健康や介護関係の商品やサービスなら、健康や介護関係の雑誌に広告を出すと良い。

 

こういった雑誌は意外と多く発行されているし、病院や薬局などの雑誌スタンドに、何ヶ月分もずっと並べられていたりする。

 

こういうところに置かれる、時間待ちのための暇つぶしに、誰かが必ず読んでくれるので、広告の効果が長続きする。

 

  • 読者の属性が限定できる
  • 広告の効果が長続きする
これが新聞広告とは違った雑誌広告の大きなメリットだと言えるだろう。

 

NEXT:仲間と雑誌を作る


スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加