新聞広告は小さなお店でも出せる

飲食店,販売店,エステ,整体,マッサージ,教室,塾,集客法,ゲリラ,マーケティング

ゲリラマーケティング、最後はマス・メディアを使ったマーケティングだ。

 

マスメディアとは、テキストによると、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、看板、そしてダイレクトメールといった手段を呼ぶ。

 

小さなお店や企業では、新聞やテレビなどのマスメディアを大々的に使ったプロモーションをするだけの資金もないし、その必要もない…と思いがちである。

 

しかし実はマスメディアを利用している中小企業は多い。

 

小さなお店や企業でも、マスメディアを使った広告が出せるし、そのためのツールもたくさんあることを知っておくと良い。

 

で、最初にテキストで取り上げられているのが新聞広告だ。

 

新聞広告を打つというと、読売や朝日などの全国紙に大々的に広告を出すイメージであるが、地方の小さな企業でも広告が出せる仕組みが色々ある。

 

たとえば全国紙であっても、「地方版」がある。

 

全国のニュースの他に、地域のニュースばかり載せているページがある。

 

たいていの場合、後ろの方から数ページくらいの所にあるが、そう言うところであれば比較的安い費用で広告が出せる。

 

配達される地域は限定されるが、広告費は安い。

 

また人々が読んでいる新聞は、必ずしも全国紙ではない。

 

京都だったら京都新聞、兵庫県だったら神戸新聞など、地方新聞が頑張っている地域も非常に多い。

 

東京新聞(関東)、中日新聞(東海)、河北新報(仙台)、中国新聞(広島)といったブロック紙と呼ばれる、複数の都道府県をマーケットエリアにしている新聞もある。

 

小さなお店や企業であれば、こういった地方新聞を中心に広告を打つという戦略も取れるだろう。

 

こういうところに一度でも広告を出すと、次からは「広告を出しませんか?」というお誘いがかかり、お得なパッケージで広告を出せるというようなこともあるので、機会があれば一度試してみればいいと言う。

 

大事なのは、初めからマスメディア広告を敬遠せずに、可能性があるかどうか調べてみるって事だね。

 

NEXT:新聞広告は必ず効果測定をして選べ



広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のいいものセレクトショップ【藤巻百貨店】

ギフト専門店シャディギフト