スペシャリティ広告とは

スペシャリティ広告とは

ノンメディアマーケティングとは

スペシャリティ広告

ノンメディア・マーケティングとは、広告メディアを利用しないマーケティングだ。

 

広告を使わずにマーケティング?とも思うが、いろいろな方法がある。

 

まず最初に取り上げるのは、ノベルティ・グッズだ。

 

ノベルティグッズは、非常に有効なノンメディアのマーケティングツールだという。

 

ノベルティというのは「デジタル大辞泉」によると「目新しい趣向をこらした商品。

 

主に若者向きの小物」「宣伝のために会社名などを入れて配付する贈呈用の品物。

 

カレンダーやライターなど」となっている。

 

英語のnovelというのは「新奇な」という意味であるから、元々は「珍しいモノや事」ということらしいのだが、ウィキペディアによると、「企業が自社や商品の宣伝を目的として、それらの名称を入れて無料配布する記念品」を指す。

 

ノベルティを媒体とした広告をスペシャリティ広告(特殊広告)ともいい、プレミアム(景品)とは区別される。

 

また「ノベルティアイス」のように、「廉価品」という意味で使われる用法もある。

 

と言う風に載っている。

 

スペシャリティ広告というのは初めて聞くね。

 


スポンサードリンク

スペシャリティ広告とは

スペシャリティ広告とは、ノベルティグッズを利用したマーケティングのことである。

 

別名「特殊広告」とも言うが、要するにノベルティグッズを上手に配ることによって、自社の名前や商品名をアピールする方法である。

 

ノベルティグッズとして使われるモノとして、テキストには、

  • ボールペン
  • メモ帳
  • ブリーフケース
  • カレンダー
  • キーホルダー
  • クリップホルダー
  • 帽子
  • Tシャツ
  • トランプ
  • ショッピング・バッグ
  • ベルトバックル
  • ディカル(移し絵)
  • ライター
  • ナンバープレート
などが載っている。

 

ブリーフケースというのは、書類を入れるカバンやケースのこと。

 

クリップホルダーとは、クリップなどを入れておくケースで、磁石などが付いているようなヤツもある。

 

デスクの上に置いている人もけっこういるはず。

 

ベルトバックルというのは、ベルトにつけるバックルで、身体の真ん前に来るところの部品のこと。

 

バックルを自由に変えることのできるベルトがあるが、そのバックル。

 

ディカルというのは、水で濡らして絵を移すというシールのことらしい。

 

旗というのはもう一つよく分からないが、マラソンなどで沿道で振っている紙旗みたいなものかな?もちろんこのほかにも、様々なグッズがノベルティとして使われている。

 

NEXT:ノベルティ・マーケティング

スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加