懸賞やコンテストで集客

懸賞やコンテストで集客

集客の仕方がわからない、お店にお客が来ない、そう言うときはゲリラマーケティングで行こう!

懸賞やコンテストを開いて集客せよ

飲食店,販売店,エステ,整体,マッサージ,教室,塾,集客法,ゲリラ,マーケティング

集客や顧客管理のために、懸賞やコンテストも使うことも考えるべきだ。

 

懸賞とは、福引きのようなものでも良いし、まとめて抽選するようなモノでも良い。

 

お店で買い物すると応募券を1枚渡すとか、来店するだけで応募できるとか、その辺はまあ自由である。

 

コンテストは、母の日とか父の日の似顔絵コンテストだとか、敬老の日のおじいさん・お婆さんに宛てた手紙のコンテストだとか、そう言うものでよい。

 

懸賞やコンテストを実施するお知らせはチラシやはがきでも良いが、応募を受け付けるための応募箱は必ず店内に置く。

 

また結果発表も店頭で発表し、商品の受け取りに来店を促す。

 

また参加してくれた人には、もれなく参加賞として粗品や割引券を進呈し、これもお店で渡すようにして来店を促す必要がある。

 

少なくとも応募者が支払ったコスト分くらいは、返してあげれば損した気分にはならないはずだ。

 

つまり参加条件にかかわらず、懸賞に参加するためには来店しないといけない様に図る。

 

来店すれば、それだけ販売機会が増えるわけだし、接触頻度も増える。

 

また参加賞に関連したグッズを販売することを考えても良い。

 

観葉植物の苗木を無料プレゼントするなら、植木鉢や肥料などのセットも用意しておくなど。

 

ただ懸賞やコンテストで、儲ける必要などない。

 

と言うのも懸賞やコンテストを開く目的は、テキストによると(1)お店からのお知らせを送る郵送リストを集める(2)お客さんを区分けする(3)来店を促すと言うことなのだ。

 

つまりお知らせなどを送っても良い顧客リストさえ取れれば、あとで売り上げにつなげる手段はいくらでもある。

 

FSP(フリークエント・ショッパー・プログラム)で、顧客カードなどを使っているなら、懸賞の効果なども測定できるだろう。

 

もちろんせっかく来店してもらったのだから、何か買ってもらう努力はしておく必要があるが。

 

NEXT:PR活動とは、宣伝のことではありません。

 


スポンサードリンク

スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加