従業員をセールスマンにする必要はない

ゲリラマーケティングの本によるおt小さなお店や小企業では、口コミを起こすことが大事なマーケティングだといいます。

 

となると、お店や企業のセールスマンは、お店の中や社内にいる従業員ではないんですね。

 

セールスマンは口コミをしてくれる人、すなわち既存のお客さんだと言うことになります。

 

たまに学習塾ノウハウなどのセールスレターを読むと、「講師をセールスマンにする」なんて書いてありますが、これはアウトかも知れません。

 

だって小さな企業のセールスマンは、口コミをしてくれるお客さんってことですから。

 

これってよくよく考えてみれば分かりますが、新しい見込み客に最初に接するのは、講師や店員などの従業員ではないんですね。

 

自社の商品やサービスを売り込んでくれる人は、自社の商品やサービスに満足している既存客なんです。

 

従業員には、見込み客がどこにいてどういう人かも全く分からないわけです。

 

見込み客を広い世間から捜し出して、そのお客さんにアプローチしてお店まで来てもらうのがマーケティングです。

 

いかに既存客に新しいお客さんを紹介してもらえるかそこに焦点を当てないと、不毛なことになりかねません。

 

NEXT:従業員にセールスさせると


広告

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のいいものセレクトショップ【藤巻百貨店】

ギフト専門店シャディギフト