アンケートで無料リサーチ

アンケートで無料リサーチ

小企業でもリサーチは必要!

マーケティング・リサーチ(市場調査)とは、商品やサービスを市場に投入する前に、その商品やサービスが必要とされているのか、必要とされているのであれば、それはなぜか。

 

見込み客はどこの誰で、その人々はどういう動機でそれを買うのか。

 

彼らは日頃どのような広告メディアに触れ、広告メディアからどのような情報を知りたいと考えているのか。

 

そういうことを調べることだ。

 

大企業は、マーケティング・リサーチに時間とお金をかけている。

 

理由は簡単で、リサーチが不十分だと、売れない商品やサービスを大量生産してしまい倒産してしまう可能性だってあるからだ。

 

大企業は、たくさん商品やサービスを売らないと、成り立っていかない場合が多いので、大ヒットよりも、大失敗を避けなければいけない。

 

そのために、事前の市場調査に時間とお金をかけるわけである。

 

ところが小さなお店や小企業では、そんな時間もお金もない。

 

だからマーケティング・リサーチをやらないことも多いだろう。

 

しかし、新しく出した商品やサービスが売れなければ、倒産する危険が出てくるのは、小企業でも同じである。

 

となると、お金をかけずにマーケティング・リサーチを行う必要があると言うことになる。

 

そのために利用できるのが、ユーザーアンケートというヤツだ。

 

スポンサードリンク

ユーザーアンケートで、無料リサーチせよ

ユーザーアンケートとは、現在のお客さんに答えてもらうアンケートだ。

 

すでに自社の商品やサービスを購入した人に新しく出す商品やサービスに関わるアンケートを答えてもらえれば、その商品やサービスがうまくいきそうなのかどうなのか、その辺の情報を集めることができる。

 

大企業のマーケティング・リサーチでは、ターゲット顧客の階層にサンプルを提供したり、アンケートに答えてもらう形で、こういう情報を集める。

 

たとえば新しく出すお菓子や、メイク道具などを、女子高生や女子大生に使ってもらい、感想などを聞く。

 

こういうリサーチの方法が行われているって言うことは、マスコミなどの報道でもけっこうよく知られている。

 

この場合、リサーチする相手はお金を払って集めることになるし、その結果の分析も、リサーチ会社に頼むことになる。

 

最近は、ネット上でアンケートを採ると言うこともよくあって、楽天市場などからも毎月のように何らかのアンケートがメールで来るね。

 

こういう場合は、何らかのポイントと引き替えにアンケートを答えるという形になるので、そのポイント分のコストも必要になってくる。

 

他社製品からの乗り換えを狙う場合、ユーザーでない人にアンケートを採るわけだから、どうしてもお金がかかると言うことになる。

 

しかし、すでにユーザーとなっている人からアンケートの回答をもらうのは、さほど難しくない。

 

創業期の「牛角」が、300円の割引と引き替えに不満点を教えてもらっていたという話は有名だが、そういう風に「割引」や「おまけ」程度で情報を集めることができる。

 

これはかなり安上がりで、確実なリサーチ方法だ。

 

NEXT:顧客のことは顧客に聴け

スポンサードリンク

せどりで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★Amazonで販売・せどりするならこれ!プライスター日本版30日間無料

★第2位★15のカテゴリから2秒でお宝発見!せどりの翼アルバトロス

★第3位★月20万稼ぐネット完結せどり!おこづかいWAKU湧くアカデミー

★第4位★Amazon輸入のリサーチを高速化カルーン!IDせどり

★第5位★せどりで稼ぐ最短通信講座はこれ。スマホツール&せどり術通信講座

★確定申告★個人ビジネス、せどりビジネスでも確定申告は必要。せどり税金セミナー

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加